一般歯科

Dental General Practice

つじもと歯科の診療科目一覧

通常の治療はもちろんですが、当院では何故その症状になってしまったのか。
それが普段の生活スタイルから起こったものなのか、食生活から起こったものなのか。
症状に対しての原因を見つけ、治療することに意味があると考えています。
一時的な治療のみではなく治療後のケアまで考え、健康なお口で日々の生活を送りましょう。

治療内容

一般歯科

通常の虫歯治療を行います。急患の方は、随時治療致します。

歯周病治療

歯周病は自分では気付かないケースが多くあります。
定期検診の際に唾液検査などを行い、現状を調べることも可能ですので、早期発見・治療を心掛けましょう。

口腔外科、顎関節症

親知らずの抜歯や、顎が痛い、音がするなど。口の中にデキモノ(口内炎など)ができたなどの治療をするにあたって外科的な処置を行うことです。
あまり馴染みが無いかもしれませんが、歯科医師には必要な技術です。

口腔衛生指導

衛生士の専門的なプロフェッショナルクリーニング(PMTC)や、指導を行います。
治療が済んだらおしまいではなく、再発しないためのケアを行う必要があります。
患者様ご自身で行うセルフケアに加えて、歯科医師、衛生士の専門的なケアや指導を行います。

金属アレルギー治療

全身のアレルギー症状を、口腔内の詰め物などによって、快方に向かわせます。(皮膚科と連携)

【自費診療】審美歯科

審美歯科とは、通常の治療に加えて“美しさ”や“機能性”を重視した治療です。
通常の治療に使う「銀歯」ではなく、歯科用セラミックなどの「白く美しい素材」を使うことで、見た目や性能に重要性をおいています。
※素材費用等、別途費用がかかります。

【自費診療】矯正歯科

矯正治療のみ、矯正専門医を招いて治療を行ないます。
詳しくは当院にお問い合わせ下さい。
※素材費用等、別途費用がかかります。

【自費診療】ホワイトニング

歯みがきや歯のクリーニングでは落ちない、加齢や遺伝による歯の黄ばみを白くする方法です。
特殊な薬液を使用し、歯を削ることなく白くできるので、体に優しく本来の歯の色よりも白くすることができます。

全身麻酔(笑気麻酔)に頼ると危険なこともあります!

麻酔は痛みを緩和するためにありますが、麻酔に頼りすぎることはよくありません。
とくに全身麻酔は、フワ〜としたリラックスした気分の中で治療ができ、痛みを感じることがないので、大きな外科処置などを行うときに、まれに取り入れられることもありますが、体調の良し悪しなどで人によっては効きすぎてしまったり、量の調節が人によって違ったりと、取り扱いに注意が必要であります。

治療をしていくうえで、完全に無痛にならないか?といった相談をよくうけることがあります。
全身麻酔(笑気麻酔)を使えばできないこともありませんが、身体の事を考えると過剰な麻酔の使用はお勧めしません。小児においては特にそうです。
また、完全無痛での治療が当たり前になってしまうと、虫歯を作ってしまうことに抵抗がなくなり、予防の意識が薄れてしまうこともデメリットと考えられます。
痛くなる前に治療。痛くならないようにしっかりと予防する。
それを意識してもらうことで患者様と一緒に、豊かな食生活をの構築を行いたいと思っています。

歯が痛くならないポイント

歯が痛くなるということは、虫歯が“ある程度進行している”ということです。
なぜなら、虫歯は初期の段階では痛みを伴わないからです。
本来であれば、虫歯になる前にケアをすることが理想ですが、虫歯になってしまってからには、可能な限り早期に治療をすることが最優先になります。
少しでも状態が軽いうちに治療をしましょう。

また、歯は治療を行なっても“治癒”したわけではなく、 あくまでも歯に変わる素材で「天然歯を代用している」ということを ご理解下さい。

そして、虫歯になる前に、日々の予防やケアをしっかりと行なって ください。
歯と歯の隙間など、自分では確認できないところに虫歯ができている 可能性もございます。

歯が痛くなる前に定期検診を行ない、虫歯ゼロのお口をつくりましょう。