審美歯科

Esthetic Dentistry

審美歯科とは

審美歯科とは、審美性(歯の美しさ)を向上を目的とした歯科治療です。
一般的に歯医者というと、多くの方が虫歯や歯周病の治療をするというイメージがあると思います。しかし近年では歯の美しさを追求するという事で、審美歯科が注目されています。
また、「噛める」という機能性を向上させたり、銀の詰め物や被せ物を自然な白い色の物に取り替えて自然で美しい歯に仕上げたりします。

クラウン

虫歯治療などで歯を大きく削った後に被せる被せ物をクラウンといいます。

オールセラミック

素材にセラミック(陶器)を100%使用した素材です。素材としては最高クラスの美しさと強度を誇ります。非常に高い審美性・変色や摩耗に強い・プラークが付きにくく清潔を保つことができるなどが特徴です。金属が含まれていないので金属アレルギーの心配もなく、最高クラスの素材です。

メタルボンド

金属フレームにセラミック素材を焼き付けたクラウンです。セラミック部分は上記のセラミック素材と同じなので、自然に近い白色で、強度も高いのが特徴です。歯の裏側は金属ですので、自然な白さではありますが、オールセラミックに比べ透明性は劣ります。

ハイブリッドセラミック

素材がセラミックとレジン(樹脂)を混ぜた素材です。自然な白さではありますが、オールセラミックよりも強度・色調は多少劣り、経年的に多少変色します。

インレー

虫歯などの治療で歯の削った箇所を埋めるために使用する詰め物をインレーといいます。

オールセラミック

素材にセラミック(陶器)を100%使用した素材です。素材としては最高クラスの美しさと強度を誇ります。非常に高い審美性・変色や摩耗に強い・プラークが付きにくく清潔を保つことができるなどが特徴です。金属が含まれていないので金属アレルギーの心配もなく、最高クラスの素材です。

ハイブリッドセラミック

素材がセラミックとレジン(樹脂)を混ぜた素材です。自然な白さではありますが、オールセラミックよりも強度・色調は多少劣り、経年的に多少変色します。

ラミネートベニヤ

歯の表面を少しだけ削り、シェル(薄い貝殻)状のセラミックを貼り付けて見た目を整える治療法です。歯の色や形、変色などによる問題をよりダメージの少なく解決できます。